カキドウシ

(動植物)
かきどうし

日本在来のシソ科の野草。こどもの「疳の虫」に効く。別名の連銭草は、丸い葉を付けたツルの様子から名付けられた。

:植物
草地に自生する多年草で、4〜5月にかけて開花する。
茎が長く伸びてツル状になり地面を這う。
糖尿病予防・肝臓病・虚弱体質・強壮などに効くといわれている。
乾燥させて普通のお茶のようにして飲むと良い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ