ガロード

(アニメ)
がろーど

「機動新世紀ガンダムX」の主人公。及びガンダムX(ディバイダー)、ガンダムDXのパイロット。
本名ガロード・ラン。*1
「ガンダム、売るよ!」は色んな意味でガンダム史に残る台詞だと思われる。CVは高木渉。
ガロードの本編でサブタイトルとなった台詞は、
第7話「ガンダム、売るよ!」
第14話「俺の声が聞こえるか!」
第24話「ダブルエックス、起動!」
第28話「撃つしかないのか!」
第33話「どうして俺を知っている!?」
第34話「月が見えた!」
ガロードの台詞がサブタイトルとして起用された回数は、ティファ、ジャミルと並ぶ6回と一番多い数である。

関連語:機動新世紀ガンダムX ガンダムX
誤爆回避:ガロ

*1:「我が道を行く→我road run→ガロード・ラン」のもじり

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

Message from GUNDAM “BEYOND”に困惑。「気持ちを一つに?(全体主義)え?陽性反応者と感染者と患者夜の街と感染者を叩いて、イソジン買って。打ち水して、アベノマスクつけてオリンピックとリニアを応援しつつ、原子力発電所と辺野古埋め立てに賛成しつつ。放射能被爆と賄賂とモリカゲと桜を見る会をなかったことにして、食べて応援をして、公文書破棄と表現規制と憲法改正を無条件に応援しろというのか?。だいたいガンダムってそういう話じゃだろう。今気持ちを一つにせず、戦争直前で争いを『Gのレコンギスタ』と

目次 1 今の日本がどれほど酷いのか 2 Message from GUNDAM “BEYOND のどこに困惑させられたのか 3 『Gのレコンギスタ』と『機動新世紀ガンダムX』を見て、戦いを止めるには何が必要かを知る。そしてどういう心構えで生きていくのか。 今こそ『Gのレコンギスタ』 正直に言えばこのコロナ過の中のいろんな大混乱を見て、困惑している。そうはならんだろという対応の連続でびっくりだ。 そんな時に思い出すのは『Gのレコンギスタ』だ。『Gのレコンギスタ』では主人公たちがいろんな価値観から解放されたのち、明らかにおかしい方向に進もうとしているもの止める。 日本と言う国は、もしかしたら海外…

音水信二のはてなブログ-3 か月前