クリス・ベノワ

(スポーツ)
くりすべのわ

Chris Benoit
プロレスラー。2007年逝去。
名称の表記は「クリス・ベノイ」、「クリス・ベンワー」とも。

1980年代半ばに新日本プロレスに留学生として来日。「ペガサス・キッド」「ワイルド・ペガサス」のリングネームでジュニア戦線を賑わせた。
その後、ECW等を経てWCWに移籍。世界王座を獲得するも、その直後にWCWを退団し、WWF(当時)に入団。
2004年に開催された「レッスルマニア20」ではトリプルH、ショーン・マイケルズとの三つ巴戦を制し、世界王座を戴冠。(世界王座は、同年の「サマースラム04」でランディ・オートンに移動)

2007年、妻子を殺害した後、首吊り自殺した。

得意技

  • トリプルジャーマン
  • ダイビングヘッドバット
  • クロスフェイス

リスト::プロレスラー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ