コノハナノサクヤビメ

(一般)
このはなのさくやびめ

日本神話に登場する女神。一般的には「木花咲耶姫」と記される。また、「古事記」では「木花之佐久夜毘売」、「日本書紀」では「木花開耶姫」と表記する。コノハナサクヤビメ、コノハナサクヤヒメ、又は単にサクヤビメと呼ばれることもある。
オオヤマツミの娘で、姉にイワナガヒメがいる。ニニギの妻となり、ホデリ(海幸彦)、ホスセリ、ホオリ(山幸彦)を生んだ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ