コピペダンジョン

(ゲーム)
こぴぺだんじょん

RPGにおいて、コピー&ペーストしたかのように、同じ形状のマップが連続して続いていることを揶揄したもの。
一応、マップごとに通れる場所が変わっていたりするが、延々と同じマップを繰り返すため、退屈となってしまうことが多い。
容量の都合、ロードを少なくするためなど理由は様々だが、PS2用ソフト『ローグギャラクシー』のコピペダンジョンぶりによって一躍広まった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ