コンゴ川

(地理)
こんごがわ

Congo River

ザイール川とも。中部アフリカを貫く世界屈指の大河である。
最終的には大西洋に注ぐが、アフリカ大陸中部のコンゴ盆地の中を大きく蛇行しており*1、総延長は4000kmを軽く超え、ナイルに次ぐアフリカ第二位の大河である。
赤道直下といっていい場所を流れていることもあり、流域はアマゾンと世界最大の座を争う巨大な熱帯雨林地帯となっている。

地勢上、アフリカ内部への玄関口の一つであり、多くの探検行の舞台となったほか、コンゴにとっての大動脈でもある*2

*1:というかコンゴが盆地になるように蛇行していると言うべきか?

*2:コンゴ川の「上がり」であるブラザビルが首都なことからも明白だ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ