シク教

(一般)
しくきょう

Sikhism
16世紀にナーナクがインドで始められた宗教。ヒンズー教から派生した宗教で、イスラム教の影響も受けている。唯一永遠の神の信仰を強調し、偶像崇拝を禁じている。また、カースト制度を否定している。戒律によってタバコ、酒、麻薬が禁止されている。
パンジャーブ地方を中心に信徒が多い。インドのアムリトサルにあるハリマンディル寺院が総本山である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ