タヤスツヨシ

タヤスツヨシ

(スポーツ)
たやすつよし

タヤスツヨシ

生年月日 1992年4月26日生まれ-2008年7月29日没・牡・鹿毛
生産者 社台ファーム(北海道千歳)
サンデーサイレンス
マガロ
母の父 Caro(カロ)
馬主 横瀬寛一
管理調教師 鶴留明雄(栗東)
競走成績 13戦4勝
主な勝ち鞍 ラジオたんぱ杯3歳S 日本ダービー (2着・皐月賞)



タヤスツヨシは栗東トレーニングセンター鶴留明雄厩舎に所属した引退競走馬。サンデーサイレンスの初年度産駒である。1994年8月にデビューすると、3戦目で未勝利を脱出、500万下特別エリカ賞を勝って望んだラジオたんぱ杯3歳Sで重賞初制覇。開けて1995年、4番人気で望んだ皐月賞ではジェニュインの2着。1番人気で望んだ日本ダービーに優勝、サンデーサイレンス産駒として初めてダービーを制した。秋シーズンは神戸新聞杯から始動、菊花賞に出走したものの6着。その後リフレッシュのため放牧され年明けの1996年に帰厩、大阪杯からの復帰を目指す過程で右前脚に屈腱炎を発症。現役を引退することになった。1996年の繁殖シーズンから種牡馬となり、初年度産駒は1999年にデビュー。2001年のユニコーンSを勝ったナスダックパワー、2006年の東京ダービーを制したビービートルネード、2006年のダービーグランプリを勝ったマンオブパーサーなどの活躍馬を輩出した。一方シャトル種牡馬としてオーストラリアでも供用され、ホロービュレットHollow Bullet)は豪州GIヴィクトリアオークスを制するなど種牡馬としても活躍した。2008年7月29日、繋養先のブリーダーズスタリオンステーションで放牧中の事故により右大腿骨を複雑骨折、安楽死処分がとられた。2009年現在、直子のナスダックパワーが種牡馬入りし後継種牡馬として供用されている。なおJRA1勝の全弟ジンガロが種牡馬としてフィリピンに輸出されている。

タヤスツヨシの血統



サンデーサイレンス
*Sunday Silence
Halo Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
マガロ
*Magaro
Caro *Fortino Grey Sovereign
Ranovalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
Magic Buckpasser Tom Fool
Busanda
Aspidistra Better Self
Tilly Rose


リスト::競走馬

新着ブログ: タヤスツヨシ