チェレンコフ光

(サイエンス)
ちぇれんこふこう

物理における定義

電荷を帯びた粒子が、その物質中の光の速さ*1よりも速く通過する際に、発する光。一般の原子炉などではその光の波長は可視領域にあり、青白い色をしている。

物質中を伝播する粒子の速さが物質中の音速*2を超えた際に生じるショックウェーブとアナロジカルな機構で発生する。

周辺情報

SFなどでも、よく登場する。

*1:真空中の光速よりも遅くなる

*2:音速も物質に依存するのですよ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ