テリー・ウィットフィールド

テリー・ウィットフィールド

(スポーツ)
てりーうぃっとふぃーるど

Terry Bertland Whitfield

70〜80年代のプロ野球選手。
登録名は「テリー」。
右投左打、ポジションは外野手。背番号は45番。

1953年1月12日生まれ。米国カリフォルニア州出身。
パロベルディ高校から1971年、ニューヨーク・ヤンキースに入団。
1974年、メジャー昇格。

1977年、サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。毎年110試合以上出場し4年連続2割8分以上の活躍を見せた。


1981年、来日し西武ライオンズに入団。

強打者としてスティーブ・オンティベロスと共に活躍。西武ライオンズの黄金時代の形成に貢献した。
1982年、プレーオフ第4戦では2本塁打を打ち、初優勝に大きく貢献。受賞した。

1983年、38本塁打、109打点を記録。ベストナインを2度受賞。


1984年に帰国し、ロサンゼルス・ドジャースに入団。

1986年、現役引退。

現在はスポーツ用品販売会社を経営。


ライオンズ史上屈指の優良外国人である。

新着ブログ: テリー・ウィットフィールド