トランスヴァール共和国

(地理)
とらんすばーるきょうわこく

1855年〜1902年
もともと南アフリカに定住していたオランダ系移民(ボーア人)が英国に追われる形で内陸に移動、建設した国家。
うっかり金鉱が発見されたので、隣接のオレンジ自由国(1854年〜1902年)とともにイギリスの侵略を受け(ボーア戦争)、最終的にはイギリス帝国自治領南アフリカ連邦という形に併合されてしまった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ