ニコシア

ニコシア

(地理)
にこしあ

キプロスの首都。20万都市。

トルコ系の北キプロスと南キプロス(キプロス共和国)に分断された都市。

略史

もともとビザンツ帝国領だったキプロスは、1191年に十字軍遠征途上のイングランド王リチャード1世によって成り行きのままに占領され、さらにフランク系十字軍国家の一つエルサレム王国のものとなった。後、エルサレム王国の分家が王家として分離し、キプロス王国となった。この時代にはニコシアに宮廷が置かれていた。
その後、1489年にキプロスはヴェネツィア領となる。が、ビザンツを滅ぼしたオスマン帝国が地中海の旧ビザンツ領は全部俺のもの理論を発動、来襲する。1571年にキリスト教国連合艦隊の来援も間に合わず、島はオスマン領となる*1
時は流れて19世紀。反乱が鎮圧されたり、大火が発生したりして、市のかなりの部分が破壊された。
一方、瀕死の病人となったオスマン帝国にこんな重要拠点は任せておけぬと大英帝国が統治権を1878年に獲得。すぐに植民地の中心都市としてニコシアの再建に取りかかった。

第二次世界大戦後にイギリス統治への反発が強まり、ギリシャへの併合を主張するギリシャ系住民とトルコへの併合を主張するトルコ系住民との対立が激化。
1960年にとりあえずキプロス共和国として独立、ニコシアが首都となる。が、1974年にギリシャ系によるクーデターが発生し、それに対抗してトルコ共和国が軍事介入、ニコシアは両勢力によって分断される結果になった。

*1:腹いせに連合艦隊は帝国海軍をレパントで撃滅したが

新着ブログ: ニコシア