ハイ・ファイ・セット

ハイ・ファイ・セット

(音楽)
はいふぁいせっと

抜群のコーラス・ワークと選曲眼の良さで70年代のポップス界に涼風を吹き込んだ女性1人、男性2人から成るハイ・ファイ・セット。「翼をください」で有名なフォーク・グループ、赤い鳥が分裂したことによって始まったグループ。
山本潤子がソプラノ、山本俊彦がテナー、大川茂がバス・ヴォイス。
荒井由実・松任谷由実・杉真理のカヴァー曲が多く、ハイ・ファイ・セットによるユーミンのカヴァーは、ユーミンの今日の地位を築くきっかけとなった。

新着ブログ: ハイ・ファイ・セット