Hatena Blog Tags

ビジンダー

(マンガ)
びじんだー

石森章太郎の漫画『人造人間キカイダー』に登場する女性型ロボット。
テレビでは『キカイダー01』に登場し、変身前の人間体を志穂美悦子が演じた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

キカイダー00・レイ 2番目を意味する名前の「ジロー」 1番目を意味する名前の「イチロー」 それに対して名前が「レイ」ですから 0番目 プロトタイプ(試作機)と推測されるキカイダーダブルオーです 光明寺博士はアンドロイドに人格・感情を持たせる事に成功しましたが、その感情は平板なものであり、レイは喜怒哀楽を表現する事がほとんどありません なんとか人間の感情を機械にもたせるのに成功した――ぐらいのレベルだったのでしょう その反動か、次に作られたテストタイプ(実験機)のイチローは感情の振れ幅を大きくする事が

キカイダー00・レイ 2番目を意味する名前の「ジロー」1番目を意味する名前の「イチロー」それに対して名前が「レイ」ですから0番目プロトタイプ(試作機)と推測されるキカイダーダブルオーです 光明寺博士はアンドロイドに人格・感情を持たせる事に成功しましたが、その感情は平板なものであり、レイは喜怒哀楽を表現する事がほとんどありませんなんとか人間の感情を機械にもたせるのに成功した――ぐらいのレベルだったのでしょうその反動か、次に作られたテストタイプ(実験機)のイチローは感情の振れ幅を大きくする事が試みられましたどこまで感情豊かにできるかの実験機だったのでしょうただ、イチローはあまりに直情的であり、その…

キカイダー01・イチロー 石ノ森章太郎先生の萬画に「キカイダー01」という作品はありません 石ノ森章太郎先生がお描きになっていた『週刊少年サンデー』ではそのまま「人造人間キカイダー」というタイトルで、ゼロワン登場後も連載が続きました お弟子さんたちが描いていた小学館の学習雑誌などの月刊誌ではもちろん「キカイダー01」というタイトルで、ゼロワン・イチローが主役の漫画が展開されたのですが 2年目の少年サンデー連載では、ゼロワン・イチロー登場後も主役はジローのまま物語は続いたのです お弟子さんたちの「キカイダ

キカイダー01・イチロー 石ノ森章太郎先生の萬画に「キカイダー01」という作品はありません石ノ森章太郎先生がお描きになっていた『週刊少年サンデー』ではそのまま「人造人間キカイダー」というタイトルで、ゼロワン登場後も連載が続きましたお弟子さんたちが描いていた小学館の学習雑誌などの月刊誌ではもちろん「キカイダー01」というタイトルで、ゼロワン・イチローが主役の漫画が展開されたのですが2年目の少年サンデー連載では、ゼロワン・イチロー登場後も主役はジローのまま物語は続いたのですお弟子さんたちの「キカイダー01」や実写「キカイダー01」では、もちろんイチローは正統派正義の主人公でしたが、萬画「人造人間キ…

キカイダー・ジロー 石ノ森章太郎先生の萬画だと、ジローもミツコさんも十代後半のような感じで描かれています 実写版だと2人とも二十代前半ですね この記事では萬画のジローについて書きます ちなみに石ノ森章太郎先生は、「まんが」を「よろず画」あらゆるものを描けるものとして「萬画」表記を提唱されましたので、ここでも萬画と表記する事に致します 萬画キカイダーにおいて、良心回路を搭載されていると名言されているのはジローと、ダークのアンドロイド「ゴールデンバット」の2体だけ ゼロワンもダブルオーもビジンダーも良心回路

キカイダー・ジロー 石ノ森章太郎先生の萬画だと、ジローもミツコさんも十代後半のような感じで描かれています実写版だと2人とも二十代前半ですねこの記事では萬画のジローについて書きますちなみに石ノ森章太郎先生は、「まんが」を「よろず画」あらゆるものを描けるものとして「萬画」表記を提唱されましたので、ここでも萬画と表記する事に致します萬画キカイダーにおいて、良心回路を搭載されていると名言されているのはジローと、ダークのアンドロイド「ゴールデンバット」の2体だけゼロワンもダブルオーもビジンダーも良心回路は無いんですねだから彼らは本能の赴くまま(まあ、ロボットに本能というのもどうかと書いてて思いますが)A…