フィリッポス2世

フィリッポス2世

(一般)
ふぃりっぽすにせい

ピリッポスとも。(紀元前382年〜紀元前336年)
古代マケドニア王国の王。アレクサンドロス大王の父。
様々な政軍両面の改革を推し進め、マケドニアを古代ギリシャ世界最強国家に押し上げた。
紀元前338年のカイロネイアの戦いでアテナイとテーバイの連合軍を破り、翌年、コリントス同盟のもとにギリシャ世界の覇権を握る。続いてペルシャ帝国への遠征を計画していたが、紀元前336年にパウサニアスによって暗殺された*1

*1:暗殺の背景については未だに議論あり

新着ブログ: フィリッポス2世