Hatena Blog Tags

ポリュペモス

(読書)
ぽりゅぺもす

「オデュッセイア」の登場人物の一人。サイクロプス。海神ポセイドンの息子。

地中海の島にある洞窟に住んでいて、羊を飼って生活していた。洞窟に入り込んだオデュッセウス一行を閉じこめ、次々に殺害して喰らう。しかし、オデュッセウスの奸計にかかり、酒に酔ったところを目を潰されてしまう。仲間のサイクロプスから、誰にやられたのかと問われた時、オデュッセウスの使った偽名(ウーティス=誰でもない。英語のnobodyに相当)をそのまま言ってしまうので、「誰でもないものにやられた=事故」と取られ、相手にされなかった。が、目をつぶされた程度では死なないので、そのままオデュッセウスの船に大岩を投げつけたりして嫌がらせをした。

ポリュペモスを傷つけたことでオデュッセウスはポセイドンの怒りを買い、さらに航海が長引く原因となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ