ポーランド記法

ポーランド記法

(コンピュータ)
ぽーらんどきほう

ポーランド記法(Polish Notation)とは、演算子を前置する記法で、前置記法ともいう。名称の由来はポーランド人数学者ヤン・ウカシェヴィチ(Jan Łukasiewicz)が考案したことから。この記法では、演算子が関数適用のような形態をとる。ラムダ計算はポーランド記法である。
例えば中置記法でいう「1 + 2」は、ポーランド記法では「+ 1 2」と表す.

LISPではこの記法を用いる。この記法を逆にしたものとして逆ポーランド記法がある。

ネットの話題: ポーランド記法

人気

新着

新着ブログ: ポーランド記法