ミシシッピー川

(地理)
みししっぴーがわ

北アメリカ最大の河川。ミネソタ州北部の源流からメキシコ湾に注ぐまで、アメリカ合衆国中部を縦断し、「アパラチアからロッキーまで」のほとんどの河川と合流している。ミズーリ川を合わせた全長は6200kmにも及び、アマゾンやナイルの長さが確認されるまでは世界最大の大河だった。

アメリカ合衆国の河川交通の大動脈でもあり、中西部の穀倉地帯で生産された農産物はミシシッピーを通して集積される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ