ミネバ・ラオ・ザビ

(アニメ)
みねばらおざび

『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダムUC』に登場するキャラクター。
アニメでの担当声優は、テレビ版「Ζ」「ΖΖ」では伊藤美紀、劇場版「Ζ」では平本亜夢、「UC」では藤村歩。


宇宙世紀0079年9月2日、父ドズル・ザビと母ゼナ・ザビとの間に一人娘として誕生。一年戦争以後、ジオン公国の祖ザビ家の中で唯一生き残った人物。
ソロモン攻略戦時に母ゼナ・ザビと共に脱出した後、マ・クベの艦に救出されグラナダ、アクシズと身を寄せていたが(母ゼナ・ザビはアクシズで亡くなっている)、ザビ家正統継承者の血統とニュータイプの素質をハマーン・カーンによって利用されることとなり、Ζの時代には8歳にしてアクシズの女王に祭り上げられた。(劇中に登場する時点では9歳になっている)
TV版では、グリプス戦役末期の混乱で行方不明になり、ハマーンが影武者を立てていた(ハマーン戦死後に影武者が涙ながらに告白)が、劇場版『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』では、アクシズのアステロイドベルト再撤退を決めたハマーンの判断で、地球へ留学するという結末を迎えている。


『機動戦士ガンダムUC』ではメインヒロインを務める。フル・フロンタル率いるネオ・ジオン残党で「袖付き」と呼ばれる反政府組織の要人。「袖付き」とビスト財団による「ラプラスの箱」の取引を止めるために、偽装貨物船「ガランシェール」に密航してスペースコロニー「インダストリアル7」に単身赴く。その潜入時にバナージ・リンクスと助けられ、運命が変わっていく。
取引を阻止しようとする地球連邦軍と「袖付き」の武力衝突に巻き込まれ、避民としてネェル・アーガマに収される。その際にオードリー・バーンという偽名を名乗ったが、正体が露見、人質として地球連邦軍に拘束された。その後、月に移送される途中、地球連邦軍ロンド・ベル隊に所属するリディ・マーセナスの手引きで脱走、リディの父である地球連邦上院議員ローナン・マーセナスへ協力を乞うべく地球へ降下した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ