Hatena Blog Tags

ミュンヒハウゼンのトリレンマ

(一般)
みゅんひはうぜんのとりれんま

ある価値観の正当性を主張しようとすると、「無限背進」「論理循環」「正当化の恣意的打ち切り」のいずれかに陥ってしまうこと。
ドイツの哲学者ハンス・アルバートが提唱。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ