メデューズ号の筏

(アート)
めでゅーずごうのいかだ

テオドール・ジェリコーによる油彩画。ルーヴル美術館所蔵。
1816年にモーリタニア沖でフランス海軍のフリゲート艦「メデューズ号」が座礁した事故の時に、乗組員の一部が船に備え付けられていた筏で救助を待った。この絵はその時に起こった事件を表す。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ