ヤキン・ドゥーエ

ヤキン・ドゥーエ

(アニメ)
やきんどぅーえ

アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場する宇宙要塞。
プラント本国を防衛するザフトの宇宙要塞。もともとは資源採掘用に運んできた小惑星を、開戦後に要塞へと改造した。第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において切り札である「ジェネシス」のコントロールもこの要塞で行われたが、レイ・ユウキの離反によりパトリック・ザラが死亡すると同時に、アイリーン・カナーバ率いる穏健派、クライン派によって制圧されることとなる。
第1次ヤキン・ドゥーエ攻防戦が行われたのはコズミック・イラ70年4月11日。第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦が行われたのはコズミック・イラ71年9月26、27日。その直後、アイリーン・カナーバを中心とした穏健派議員らによって停戦の呼びかけが行われる。
名称はソロモン王が建てた神殿の入り口に立つ青銅の柱に由来。左側の柱がボアズ、右側の柱がヤキンと名付けられていた。ドゥーエとはイタリア語で「2」の意味。

新着ブログ: ヤキン・ドゥーエ