ランカスター朝

(社会)
らんかすたーちょう

Lancaster


イングランド王国の王朝の一。(1399年〜1461年、1470年〜1471年)

ランカスター家はヘンリー3世の次男のエドマンド・ランカスターが開いた家である。
家祖エドマンドの玄孫ヘンリーが、プランタジネット朝のリチャード2世を退けて王位に即いた(ヘンリー4世)ことで王家となる。
ヘンリー5世がフランス王女と結婚したことでフランスの王位継承権を得、これによって百年戦争の後半が特徴付けられることになる。
が、百年戦争後の混乱によって王位争い「薔薇戦争」が勃発。ヨーク家との争いの末にヘンリー6世がロンドン塔で殺害され、断絶する。

歴代王

  1. ヘンリー4世:在位1399年〜1413年
  2. ヘンリー5世:在位1413年〜1422年
  3. ヘンリー6世:在位1422年〜1461年,1470年〜1471年

英国史

プランタジネット朝→ランカスター朝→薔薇戦争(ヨーク朝)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ