リシュリュー

リシュリュー

(一般)
りしゅりゅー

フランス海軍の戦艦の名前。

初代

【概説】
木造蒸気帆装の3檣シップに装甲帯を張り巡らした装甲艦。世界初の装甲艦であり戦艦の先祖とされるグロアール以降の16隻の装甲艦に対し、艦隊装甲艦と呼ばれるオセアン級3隻が登場、これの改良型。2軸推進で艦首砲と衝角の使用を重視した。
1868年12月起工 1873年12月3日進水 1875年4月12日竣工 1900年除籍 1910年解体地へ曳航中ビスケー湾にて沈没。

【要目】
常備排水量 8984t
全長 101.7m
水線長 98.0m
幅 17.5m
吃水 8.5m
M1870 27cm18口径砲6門
M1890 24cm19口径砲5門
12cm砲10門(のちにM1870 14cm砲6門に換装)
47mm旋回式機銃8〜18門(後日追加)
35cm魚雷発射管4門
主缶 円缶8基
主機 水平2段膨張式レシプロ2基 2軸
出力 4200馬力
速力 13ノット
燃料 石炭640t
航続距離 10ノットで3300浬
装甲 装甲帯180〜220mm バーベット160mm バルクヘッド120mm
乗員 750名

2代目

【概説】
フランス戦艦史最後の戦艦リシュリュー級3隻のネームシップ。ワシントン条約で規定された代艦建造の枠を想定して35000tクラスの枠で設計検討された。
その結果、ダンケルク級を範として4連装砲塔、その前部集中配置と速力重視に重きを置いた設計が特徴である。
また艦内動力の電動化、機関構成に加圧式燃焼法を採用し高効率化、缶室分離方式、進歩的な集中防御方法と総じてフランス戦艦の発達の集大成となるにふさわしいバランスの取れた戦艦であった。
但し、後部の副砲周りの防御が不十分、主砲の後方射撃に不便があるなどの欠点もあった。
ブレスト海軍工廠1935年10月22日起工 1939年1月17日進水 1940年6月15日就役即時ダカールへ脱出 同年9月に自由フランス軍・英軍によるダカール攻撃に対し戦闘 同胞との悲惨な戦いをしなければならなかった。1942年11月ドイツのツーロン侵攻・フランス海軍壊滅を受け以後自由フランス軍へ属することになり 1943年ニューヨーク海軍工廠で再整備対空砲・電子兵装の追加などを行う。同年7月ド・ゴール将軍自由フランス軍として英国艦隊に入り1944年4月対日作戦のためにインド洋へビルマ作戦アンダマン作戦に従事 1946年ツーロンに凱旋 戦後は長くフランス海軍の象徴として在籍 NATO軍に加わる。1956年ブレストにて停泊練習艦(予備艦) 1967年12月除籍

【要目】
(新造時)
基準排水量 38500t
常備排水量 48500t
全長 247.9m
水線長 242.0m
幅 33.1m
吃水 (D.W.L.)9.2m (満載時)10.2m
兵装 M1935 38cm45口径4連装2基8門 M1936 15.2cm55口径3連装3基9門 M1920-31 10cm45口径連装高角砲6基12門 37mm連装機銃2基 13.2mm4連装機銃6基
航空機 ロアール・ニューポール水上機3機
主缶 インドル・スラ缶6基
主機 パーソンズ・タービン4基 4軸
出力 150000馬力
速力 30ノット
燃料 重油6700t
装甲 舷側装甲帯330mm 甲板40〜150mm 主砲塔170〜430mm 副砲塔70〜135mm 司令塔340mm
航続距離 15ノットで9500浬 12ノットで10000浬
乗員 1500名
同型艦 ジャン・バール(未成のまま1940年就役1950年4月竣工) クレマンソー(未完成) 
※準同型 ガスコーニュ(未完成)
参考)
世界の艦船増刊「フランス戦艦史」
世界の艦船2006年2月号「列強最後の戦艦を比較する」
Le cuirasse RICHLEU 1935-1968 par Robert Dumas
欧州海戦史inWW II 第二刊 

リシュリュー

(一般)
りしゅりゅー

1585年〜1642年。
フランス史上屈指の大政治家。枢機卿。
1624年に最高国務会議の長(宰相)に就任、以後ルイ13世を支えて、没するまでフランス王権の強化と勢力拡大につとめた。
反ハプスブルクの立場から、三十年戦争(1618年〜1648年)に、旧教国のフランスを新教側として参戦させた。
剛腕政治家の常として、強引な政策故に敵も多かった。
いろいろなロマン主義的な作品に黒幕や悪役として登場している。特に「三銃士」での敵役として有名。

新着ブログ: リシュリュー