ワディ・ラム

(地理)
わでぃらむ

(Wadi Rum)
ヨルダン南部峡谷地帯。「ワディ・ラム」は「月の谷間(Valley of the Moon)」という意味。サウジアラビアとの国境近くに位置しており、荒涼とした砂漠が広がる。T=E=ローレンスの著書の題名にもなった「知恵の七柱」や、標高1754メートルのラム山などの岩山が林立する。古代のナバテア人の寺院や岩絵なども残っている。一帯は自然保護区に指定されているほか、2011年に「ワディ・ラム保護地域」として世界遺産(複合遺産)に登録された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ