三位一体の改革

(社会)
さんみいったいのかいかく

国と地方公共団体に関する行財政システムに関する3つの改革、すなわち(1)国庫補助負担金の廃止・縮減(2)税財源の移譲(3)地方交付税の一体的な見直しの3つを謳うが、実体は地方に回るべき資金を国が吸い上げ、地方の活力を奪うことでしかなかった。小泉純一郎及び竹中平蔵を中心に小さな政府にするための改革であるとしている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ