Hatena Blog Tags

三文判

(一般)
さんもんばん

三文判とは、出来合いの安価な印鑑のこと。
江戸時代以前、一文銭3枚で買えるほど安価・粗末なものに対して、「三文〜」(三文絵、三文花、三文雛、三文野郎、三文芝居など)と名づけられることが多く、三文判もそのひとつとされる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

自己紹介と志望動機 黒井太三郎 ーー自己紹介か志望動機のどれか一つでもいえたら君はトップで内定する。 「面接の達人」 第一部 自己紹介 与太郎は営業に行った 今日まゆみんにフラられた。僕らの出会いはこんな感じだった。まず僕は市役所の臨時職員のバイトを辞めたばかりの無職だった。無職というかニートだった。僕は働きたくなかった。バイト終了のお祝いにソープへ行ったが、イザヤじゃなく、今ひとつ、もえないので、次の日ホテトルを呼んだ。そこできたのがまゆみんだった。スレンダーな子を頼んだのだが、すごい華奢で、おっぱいだけCカップでしっかりしている子だった。たぶんグレイのファンだと言うから髪もそれっぽくしてい…

関連ブログ

自己紹介と志望動機 黒井太三郎 ーー自己紹介か志望動機のどれか一つでもいえたら君はトップで内定する。 「面接の達人」 第一部 自己紹介 与太郎は営業に行った 今日まゆみんにフラられた。僕らの出会いはこんな感じだった。まず僕は市役所の臨時職員のバイトを辞めたばかりの無職だった。無職というかニートだった。僕は働きたくなかった。バイト終了のお祝いにソープへ行ったが、イザヤじゃなく、今ひとつ、もえないので、次の日ホテトルを呼んだ。そこできたのがまゆみんだった。スレンダーな子を頼んだのだが、すごい華奢で、おっぱいだけCカップでしっかりしている子だった。たぶんグレイのファンだと言うから髪もそれっぽくしてい…