中将棋

中将棋

(ゲーム)
ちゅうしょうぎ

12×12の盤と21種92枚の駒を使用する、将棋に似たゲーム。
通常の将棋と異なり、取った駒を再利用することが出来ない。
室町時代に大将棋を簡略化したものとして考案され、公家や一部の武士によって好まれた。明治から20世紀までは主に関西で、現在は主にネットで、細々と伝えられている。

このキーワードは編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

新着ブログ: 中将棋