中川淳庵

中川淳庵

(一般)
なかがわじゅんあん

江戸時代の医者、蘭学者、本草学者。
元文4年、1739年に生まれ、小浜藩の藩医となる

杉田玄白や前野良沢とともにターヘル=アナトミアの翻訳に従事し、解体新書を作成した。
将来を嘱望されつつも、若くして世を去る。


活躍や業績を杉田玄白は「蘭学事始」でつづっている。


中川淳庵 - Wikipedia

新着ブログ: 中川淳庵