中村忠

(スポーツ)
なかむらただし

空手家。世界誠道空手道連盟会長。
1953年、大山倍達に弟子入りして空手を始め、極真会にて最年少の黒帯を取得。 1962年、ムエタイ王者を試合にて撃破。日本の武道家が初めてムエタイ王者に勝ったことが大きな話題となる。極真会館総本部の正師範代を勤めた後北米へ派遣され、1971年5月には新たに設立された極真会館北米本部の初代北米委員長に就任した。
1976年に極真会館を脱退。ニューヨークにて誠道塾を新しく発足させた。組織は年々拡大し、現在では世界各国に100以上の道場を持つ。

著書

人間空手

人間空手

誠道塾空手教本

誠道塾空手教本

余談

「真空飛び膝蹴り」で一時代を築いたキックボクサー、沢村忠。そのリングネームは、この中村忠と、もう一人極真空手からムエタイに挑んだ大沢昇の名前からそれぞれ文字を取って付けられたという。

中村忠

(スポーツ)
なかむらただし

サッカー選手(ディフェンダー)。
愛称「ミニラ」。

所属クラブ

1987-1989
読売クラブユース
1990-1999.5
読売クラブ(1993年よりヴェルディ川崎)
1999.5-1999.12
浦和レッズ(レンタル移籍)
2000-2004
京都パープルサンガ
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ