丸の内シャトル

(一般)
まるのうちしゃとる

丸の内シャトルは、東京の大手町、丸の内、有楽町地区を結ぶ、無料巡回バス。
2003年8月22日に開業。
2009年5月8日より、大手町1丁目再開発の進捗に伴い大手町地区の経路が変更されている。
新丸ビル前から読売新聞、日比谷などを廻る一周約35〜40分のルートを、10時から20時まで12-15分間隔で運行している。
また、平日8時から10時までの出勤時間帯は、ビジネスコースとして大手町ルートを2台で10-12分間隔で運行する。
車両は独創的なフォルムのタービン「EVバス」を使用しており、「低公害」「低騒音」「低床」を兼ね備えている。
日の丸自動車興業が運行し、運行経費は周回ルート沿線の企業・施設の協賛金で賄っている。
千代田区秋祭り開催の際には、神田方面へ延長運転される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ