代数学の基本定理

代数学の基本定理

(一般)
だいすうがくのきほんていり

1799年、ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(当時22歳)が証明した。
内容は、「係数が複素数のn次方程式は、n個の複素数解を持つ。ただし、重解は多重度もあわせて数える。」
実際の「代数学の基本定理」は、「任意の複素数係数のn次方程式は、少なくとも1個の解を持つ。」だけで、十分だったが、ガウス(当時22歳)が学位文論で証明した。

新着ブログ: 代数学の基本定理