仮出獄

(一般)
かりしゅつごく

刑法の規定により、刑期未満で出獄させる制度。
犯罪被害者や厳罰化を求める者からは批判の多い制度ではあるが、行刑の立場から見れば、この制度は受刑者に対する最大のニンジンであり、更生を進める上で必要不可欠となっている。

刑法第五章第二十八条
懲役又は禁錮に処せられた者に改悛の状があるときは、有期刑についてはその刑期の三分の一を、無期刑については十年を経過した後、行政官庁の処分によって仮に出獄を許すことができる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ