仮言命法

(一般)
かげんめいほう

【hypothetical imperative】「ハイポセティカル・インペラティブ」
「条件命法」
仮定に応じて挙げられる「選言」を命令する方法。
感性を含む「アポステリオリ(経験則)」において得られるもの。

参照

リスト:リスト::哲学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ