伊藤俊輔

(社会)
いとうしゅんすけ

日本の政治家。1979年8月5日生まれ。東京都町田市出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業。
父親は伊藤公介元代議士で2012年の第46回衆議院議員総選挙に東京23区から日本維新の会公認で出馬したが落選。2014年の第47回衆議院議員総選挙では東京23区から維新の党公認で出馬したが落選。2017年の第48回衆議院議員総選挙では東京23区から希望の党公認で出馬して選挙区では落選したが比例復活を果たして初当選した。

伊藤俊輔

(一般)
いとうしゅんすけ

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の幕末の長州藩士、明治時代の政治家。初代、第5代、第7代、第10代内閣総理大臣。元老。

幼名は利助(りすけ)、のち俊輔(春輔、舜輔)とも称した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ