伏見憲明

伏見憲明

(一般)
ふしみのりあき

1963年生。作家、評論家、明治学院大学社会学部非常勤講師(2003年9月〜2005年1月)

  • 1991年『プライベート・ゲイ・ライフ』で文筆デビュー。カミングアウト本の先鞭をつける。 以降、著作、講演活動などで、日本のゲイ・ムーブメントの先駆け的な役割を果たす。NHK、朝日新聞論壇等で初めて同性愛問題の論陣を張る。また、ジェンダー/セクシュアリティ論の領域で「性の多様性」など独自の理論を展開し、90年代以後の性をめぐる状況にインパクトを与える。
  • 1993年、オープンリーゲイで初めて非常勤講師として大学で講義(岡山大学)。
  • 1996年、「AERA」の「現代の肖像」に取り上げられる。
  • 1998年、野田聖子、庵野秀明、三谷幸喜らとともに「AERA」の 「21世紀の30代50人 」に選抜される。
  • 2003年、処女長編小説『魔女の息子』で第40回文藝賞受賞。

「伏見憲明ホームページ」より

主な著書

ゲイという経験

ゲイという経験

団地の女学生

団地の女学生

魔女の息子

魔女の息子

クィア・ジャパン (Vol.3) 魅惑のブス

クィア・ジャパン (Vol.3) 魅惑のブス

ネットの話題: 伏見憲明

人気

新着

新着ブログ: 伏見憲明