佐々井秀嶺

(社会)
ささいしゅうれい

本名、佐々井 実(1935-)。岡山県生まれ。真言宗での出家であるが、南無妙法蓮華経の題目を唱え、上座部の三帰依五戒で人々を導く。ビームラーオ・アンベードカルのインド新仏教運動を引き継いだ指導者の一人。ブッダガヤの大菩薩寺の管理権奪還運動を展開する。インド国籍を取得し、現地名はBhadant-G Arya Nagarjuna Shurai Sasai。

経歴

  • 1960年 高尾山薬王院で得度。新興仏教青年同盟のメンバーであった山本秀順の弟子となる。
  • 1965年 タイに留学。上座部寺院で修行。
  • 1966年 渡印。日本山妙法寺大僧伽で修行。
  • 1967年 龍樹菩薩の夢告によりナグプールへ移動。アンベードカルのもと改宗した新仏教徒達と出会う。
  • 1988年 インド国籍を取得
  • 2003年 インド政府の少数者委員会の仏教徒代表に就任。
  • 2006年 集団改宗50周年の記念式典を指揮。

関連書籍

破天―一億の魂を掴んだ男

破天―一億の魂を掴んだ男

破天 (光文社新書)

破天 (光文社新書)

男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺

男一代菩薩道―インド仏教の頂点に立つ日本人、佐々井秀嶺

ブッダとそのダンマ (光文社新書)

ブッダとそのダンマ (光文社新書)

夜明けへの道 (新・文学の扉)

夜明けへの道 (新・文学の扉)

不可触民の解放をめざして―佐々井秀嶺上人の熱き闘いの日々 (人の世界シリーズ)

不可触民の解放をめざして―佐々井秀嶺上人の熱き闘いの日々 (人の世界シリーズ)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ