佐藤由規

(スポーツ)
さとうよしのり

1989年12月5日、仙台市に生まれる。
北仙台小学校4年生から北六バファローズで野球を始め、北仙台中学校1年生の時、仙台東リトルで世界大会準優勝を果たす。
仙台西部シニアの後、仙台育英高校に入学、2年生の春からエースピッチャー。
右投左打。179センチ、75キロ。MAX157キロの速球とキレの良いスライダーが武器。他にカーブ、フォークも投げる。A型。
中田翔、唐川侑己と並んで「高校生ビッグ3」と呼ばれプロが注目する期待の星。
2007年度高校生ドラフト会議では、5球団指名の激戦の末、東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得した。
2007年11月11日にに契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約。背番号は「11」で登録名は「由規」
2008年9月6日の対巨人戦で6回を被安打2の8奪三振3失点でプロ初勝利をあげる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ