Hatena Blog Tags

免訴

(社会)
めんそ

刑事裁判において、有罪・無罪の判断をせずに裁判を打ち切ること。

免訴が言い渡されるとき

  • すでに確定判決を経たとき(同一の控訴事案について有罪もしくは無罪の判決が出ていて、一事不再理の原則が認められるとき。)
  • 刑が廃止されたとき(当該行為に対してくだされるはずの罰が、法改正などで廃止されたとき。)
  • 大赦があったとき
  • 時効が完成したとき
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

日本は、本当に消滅するのか?日本には、復活できる手段はある。

□日本は、本当に消滅するのか?日本には、復活できる手段はある。 世界的な投資家や世界トップの企業家が、「日本が消滅するということツイートしている」というニュースが流れている。日本の日本の人口減少と日本の財政赤字を指摘して、このまま日本にとどまる価値がないと言い切っている。すなわち、日本は手遅れな国であるという説明である。確かに、一般的な情報だけをみれば、そのような国に見えるかもしれない。しかし、意識改革をすることで、日本は買われる手段を有しているということを本ブログではつたえています。すなわち、日本の償還制度(企業育成資金)の制度を使った日本の復興モデルを再度大いに利用するということです。 普…

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

企業育成資金の本当の制度を理解すれば、日本の復活は容易にできる。

□企業育成資金の本当の制度を理解すれば、日本の復活は容易にできる。 長年、企業育成資金について研究していますが、この制度は、実にうまく考えられています。償還制度、本償還、一次資金など、いろいろ呼ばれ方をしますが、資金調達に関しては、これは、日本国が担保することで、銀行から資金を調達します。その資金を企業代表者に提供して一部をFRBのPPPトレーダーに委託して、PPP運用を行い、運用益から償還するという方法になります。当然、PPPの場合、大きな運用益が出ますので、資金は余剰資金が生まれます。その場合は、通常企業育成資金で出せない企業に対して資金提供するということを行っています。 日本国が担保する…

日本の円安も1ドル=129円 対策がないのであれば、まだまだ進む円安、それを止めるは、我々の作業である。

□日本の円安も1ドル=129円 対策がないのであれば、まだまだ進む円安、それを止めるは、我々の作業である。 今の円安は、最大の原因は、日本の1300兆円を超える政府借金です。公定歩合の引き上げができない日本の原因、答えは、金融緩和ということを言ってゼロ金利政策を長年行っていますが、根本の原因は、政府の借金を中央銀行に購入してもらうにあたり、国債に高い金利をつけて発行することは、国債の償還をする際に、金額が金利分上乗せされますので、その分、支払いが大変になりますので、そんなことをしたくないので、公定歩合の引き上げができないという政府の借金問題に対しての対応をしてきた結果といえます。 すなわち、日…

企業育成資金の制度は、日本にのみ許された制度ではあるが、この資金を動かすには、ルールが存在している。

□ 企業育成資金の制度は、日本にのみ許された制度ではあるが、この資金を動かすには、ルールが存在している。PPPに関することで、政府保証で最高裁が免税、免責、免訴、返還不要の資金として資金を、提供する国など、世界中探してもどこにもありません。 PPPというのは、基本的に現金預金が1億ドル以上ある方が、KYCをPPPのトレーダーデスクに提出して、トレーダーからインビテーションされれば、PPPに参加することができます。 そのルールで世界中の資本家がPPPにしていると言えます。 日本のオリジナルの仕組み、「償還制度」というのは、戦後復興財源を作るうえで、政府保証で資金を国際的金融機関(投資銀行)から資…

日本経済の危機を救うのは、この方法が一番「償還制度」による企業育成資金の活用

□日本経済の危機を救うのは、この方法が一番「償還制度」による企業育成資金の活用 急激な円安になってきています。それに影響して、外国からの原材料の調達費用や、海外に依存しているサプライチェーンの影響で、ドル建ての仕入れ価格の高騰しており、この状況では、企業の利益損失が大きくなります。たった1週間で10%以上の日本円為替相場の下落というのは、ある意味、注目すべきことであり、大暴落といってもいいのです。 これは、日本全体の経済力への世界の評価になります。 このような危機の場合、海外の国際的金融機関で資金調達をして、資金提供を行う仕組み、企業育成資金の制度をつかって、外貨収益をあげることが日本にとって…

日本の危機を救うのは、一択! 「企業育成資金を緊急に多数動かすこと」

□日本の危機を救うのは、一択! 「企業育成資金を緊急に多数動かすこと」 筆者の個人的な考え方は、たしかに、企業育成資金については、「私募」よって募集される案件であり、同時に、PPPによって資金を運用して資金を償還する仕組みですので、「1933年の米国証券法によるインサイダー取引」でないということが条件であるために、政府の介入及び、証券市場に影響を与えない形で、この仕組を行わなければならないと決まっています。 よって、一般的は、名のしれたところは公募することはありませんが、昭和の時代から継続されている「償還制度」による企業育成資金の資金提供は、資金本部が行っています。 昭和の時代は、370社の利…

国家の危機に、企業育成資金を導入推進事業を支援する事は、社会貢献度が高い仕事になります。

企業育成資金のビジネスモデルは、資金は、「政府保証」で巨額な資金を 東証プライムの資本金100億円以上 銀行 の企業の代表権のある社員(日本国籍)に返還不要の資金として提供されます。しかも、これは、資金者と最高裁が決定の上、条件を満たし滝行代表者に資金が影響され、その資金は、「免税、免責、免訴」という特権付きです。 また、その返還不要で、3つの特権(免税、免責、免訴)を最高裁から承認を得て行える特権である案件を案内する仕事のことを話しています。 当然、この案件に案内するのは、ボランティアではありません。収益モデルが存在します。これは、不動産の仲介業務と同じで、成約すれば、謝礼解いて事業資金を寄…

4月10日の神田セミナーについて企業育成資金について、話を多い目にします。

4月10日の神田セミナーについて企業育成資金について、話を多い目にします。 4月10日の神田セミナーの参加者は、10数名と今回は前回に比べて少ないですが、前回のセミナーでは、PPPの仕組みについて多い目に話をしましたが、今回は、企業育成資金についての話を多くする予定です。 企業育成資金という日本独自の仕組みがあります。これは、かつての償還制度と言われる制度の延長線上で行われている制度であります。 まさに、ゼロからの資金を作る錬金術といえます。 巨額資金がある謎、ということをいろいろ噂されていますが、霞が関の埋蔵金は、存在するのか?という答えは、存在しないということになっています。 なぜ、資金者…