八木福次郎

八木福次郎

(読書)
やぎふくじろう

平成期に古書籍業界の生き字引と言われた人。八木書店、日本古書通信社の創業者、八木敏夫の弟。敏夫は反町茂雄とともに老舗古書店「一誠堂書店」で修行して独立、八木書店を創業した人物。
1915(大正4)年 明石市に生まれる。
1933(昭和8)年 加古川中学(旧制)卒、上京して古今書院入社、
1936(昭和11)年 兄が創業した日本古書通信社入社
1963(昭和38)年 代表取締役
2012(平成24)年 死去
著書に「古本屋の手帖」「古本便利帖」「小型本雑話」「明治文学書の稀本」「書国彷徨」などがあるが、そのほかにも膨大な記事を古書通信その他に執筆した。

新着ブログ: 八木福次郎