八風街道

八風街道

(地理)
はっぷうかいどう

日本の江戸時代まであった街道の1つ。伊勢国から鈴鹿山脈の八風峠を越えて近江国とを結ぶ街道で東海道中山道の短絡路として整備された。