前川国男

(一般)
まえかわくにお

1905-1986
建築家。1928年東京帝国大学建築学科卒業。卒業式の夜、東京を発ってパリへ向かう。同年建築家ル・コルビジェのフランスのオフィスに入所。帰国後1930年に日本に滞在していた建築家A・レーモンドの事務所に入所、1935年に独立。昭和10年代の国粋的な体制下で様々な方法を用いてモダニスト的反抗をくりひろげたことは有名。戦後も、提唱したテクニカル・アプローチという方法論に代表される、近代的倫理に裏打ちされた設計手法は死ぬまで変わらなかった。建築界における影響も大きく、前川を批判的にのりこえようとした丹下健三とともに、戦後の建築家の原イメージの一端をかたちづくった人物。前川の下で優れた設計者が輩出された。代表作の上野の東京文化会館(1961)のゆるやかにカーブした縁石をはしりまわって遊んだ子供も多いはず。著作に『一建築家の信条』など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ