加納宿

(地理)
かのうじゅく

中山道六十九次53番目の宿場。現在の岐阜市中心部(岐阜駅より南側、旧稲葉郡加納町)に当たる。1861年に、皇女和宮親子内親王が宿泊している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ