勝目梓

(読書)
かつめあずさ

作家。ハード・アクション小説の巨匠。1932年東京生まれ。
鹿児島県立伊集院高校を経て様々な職業に携わった後、同人誌「文芸首都」を舞台に作品を発表。1967年に芥川賞、69年に直木賞の候補となり、74年に『寝台の方舟』で第二二回小説現代新人賞を受賞。以後、バイオレンス、サスペンスをはじめとする幅広いジャンルで活躍している

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ