北川冬彦

(読書)
きたがわふゆひこ

詩人。明治33年〜平成2年
社会的な関心が強く、尖鋭な批評的直感と暗喩の方法をもって、戦争の悲惨さなどを訴える詩を作った。

代表詩集

「三半規管喪失」 大正14年
「検温器と花」 大正15年
「戦争」 昭和4年
「馬と風景」 昭和27年

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ