北村小松

北村小松

(映画)
きたむらこまつ

(1901〜1964)
1901年(明治34年)1月4日生まれ。大正〜昭和時代の脚本家・作家。青森県八戸市出身。慶応義塾大学卒。モダンな作風で知られる。松竹蒲田在籍時には「蒲田きってのモダンボーイ」と言われた。

牛原虚彦監督作品『彼と〜』シリーズや、サイレント時代の小津安二郎監督作品『カボチャ』『淑女と髯』『お嬢さん』『東京の合唱』、成瀬巳喜男監督作品『限りなき舗道』、日本初の本格的トーキー、五所平之助監督作品『マダムと女房』などを手がけた。

新着ブログ: 北村小松