千宗室

(アート)
せんのそうしつ

茶道裏千家家元

プロフィール(公式Webサイトより)

 坐忘斎千 宗室は、15代鵬雲斎宗室の嫡子。昭和31年6月7日生。同志社大学文学部卒業後、昭和57年6月大徳寺管長・僧堂師家、中村祖順老師のもとで得度、坐忘斎玄黙宗之居士となる。同年10月格式宣誓式を行い裏千家若宗匠の格式を受ける。その後、妙心寺 盛永宗興老師の下で参禅。現在、臨済宗妙心寺派虚心庵住職。平成14年12月22日、鵬雲斎宗室の後を継ぎ、第16代家元となり今日庵庵主として宗室を襲名。

 財団法人今日庵理事長、社団法人茶道裏千家淡交会名誉会長、学校法人裏千家学園茶道専門学校理事長・学校長として茶道人の育成に努めている。京都造形芸術大学歴史遺産学部教授、同志社大学経済学部客員教授、中国・南開大学客員教授、北京外国語大学客員教授など幅広く教育分野に携わる。また、総理府国際青年年事業推進会議 普及委員会副委員長、社団法人日本青年会議所常任理事・近畿地区協議会会長、平安建都1200年記念協会常任理事、社団法人京都青年会議所理事長などを歴任。

 現在、日本感情心理学会理事、在京都イタリア名誉総領事、京都芸術センター館長、財団法人京都府国際センター理事などの公職多数。

 主な著書に「六角形の部屋―悩みのひととき」、「おいしい台詞」(日本図書館協会選定図書)、「ほおづえついて」、「母の居た場所」、「私の二十四節気日記」等多数。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ