南京事件否定論

(社会)
なんきんじけんひていろん

南京事件はなかったとする論。論者は東中野修道など。学術的に否認されている主張であり、また論者である被告が裁判で敗訴するなど、一般社会に認められる論とは言えないものである。しかしならば、いわゆる「保守派」の主張を支える重要な論になっているため、問題は根深いといえる。

南京事件否定論者

河村たかし(名古屋市長)

友好都市である南京市の共産党幹部が2月に表敬に訪れた際にこの論を述べたため、南京市、名古屋市間の交流が中止になった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ