南村侑広

南村侑広

(スポーツ)
みなみむらゆうこう

戦後のプロ野球選手。本名・南村不可止。通称「黒バット」。
右投右打、ポジションは外野手。背番号は1番*1

1917年4月17日生まれ。大阪府出身。
市岡中から早稲田大学に進学し首位打者を2回獲得。
その後、横浜金港クラブを経て1950年、西日本パイレーツに入団。
合併による球団消滅のため、1951年、平井三郎と共に読売ジャイアンツに移籍。

大学時代より「黒バット」を使用し、黒バットの南村として注目を浴びる。

主に5番打者として第2期黄金時代を支えた。

1953年、「侑広」に改名。

1957年、現役引退

1964年、読売ジャイアンツの外野コーチに就任。

1967年、退団。

退団後は日本テレビの野球解説者を務める。

1974年、日本ハム・ファイターズの広報担当に就任。

その後フロント、寮長などを経て1984年、退団。


1990年4月17日、逝去。

*1:王貞治の前の1番。

新着ブログ: 南村侑広