古事談

(読書)
こじだん

説話集、六巻。源顕兼編、1212年から15年の間に成立。
宮廷や貴族、僧侶の説話を多く収録。先行文献の引用が多い。他の説話集への影響も少なくなく、説話の伝承上重要な作品。


其れを模して作られ『続古事談』があり。


このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ